頭で弾くピアノ 郡山で習うなら野ばら音楽教室

新着お知らせ

幼少期にピアノ音楽に触れるといいこと沢山!

2016-12-02
幼少期の人気の習い事といえば、ピアノや英会話、水泳などがあります。
その中でも、ピアノ音楽に触れることで子供の成長にいいことが沢山あるのです!

幼児期の子どもは、身体や知能とともに心も大きく成長しますが、感情や感受性といったものが芽生えはじめるのも、この時期の特徴です。

大人では信じられないような、多くのことを吸収するこの時期に習い事を始めておきましょう。

【音楽があたえる子供の成長】
ヾ脅性
さまざまな音楽を聴き、自分で演奏することにより、音楽の持つ感情の抑揚をキャッチすることができます。

協調性
集団で演奏することや、他の楽器とリズムを合わせることにより、協調性が生まれます。

A杼力
ピアノを弾くときは、譜面の先を読むみながら演奏し、音をイメージしその情景を想像しながら脳を使います。

ど集塾
ピアノで感情を表現する作業は、もちろん自身の感情を表に出すことにつながり表現力が豊かになります。

ダ儷棒
人前で演奏することで積極性が生まれ、輪の中心として率先してチームを率いる力を養うことができます。


たくさんの良い影響がみられるピアノですが、まずは、音に興味をもち、お子さんにピアノを好きになってもらうことが必要です。

ピアノ教室に通わせようと思うなら、まずは体験教室に行ってお子さんが楽しめるかどうか、合うのかどうか、様子を見てみることが大切です。

野ばら音楽教室のピアノレッスンも無料体験を開催しております。
ぜひ一度遊びに来てくださいね!